クロストークCROSS TALK

新卒×中途 
トークテーマ「社風」

会社の魅力
(なぜウィルレイズが良いと思うか)

  • 前田 好彦
    営業部 係長
    2015年入社

  • 吉田 春樹
    営業部
    2018年入社

  • 生越 拓真
    営業部
    2018年入社

01. ウィルレイズの「社風」

ほかの会社にはないくらいの情熱とあたたかさ。

前田

人ですね。情熱があり、温かさもある会社です。愛があるというか、だいぶ救われている部分がたくさんあって。家族みたいな感じですね。本当にこの会社はそんなイメージ。お返ししていかないといけないし、しっかりと返したいですね。

生越

ほとんど同じです。やはり初契約のときもホワイトボードに名前を書いてくれて、クラッカーも用意してくれて。帰ってきた瞬間にクラッカーを鳴らしてくれる会社は他にはないと思います。人に対してあたたかい所がとても多くて。もちろん怒られることもあります。ただ、それも愛があるように感じます。

吉田

自分たちに対して尽くしてくれる人たちがたくさんいて、なかなか他の会社では味わえないことを経験していると思います。分からないことを聞いても、すべて丁寧に答えてくれます。フォローもしっかりしてくれるので。そういった部分ではほかの会社にはないくらい、情熱がありあたたかさがある会社ですね。

前田

それは俺も思う。

前田

部内の雰囲気が本当に明るい!ピリピリするときももちろんあるから、どちらかというと、元気を出せるように盛り上げ番長をつくることも(笑)。その盛り上げ番長が、絶対にどんなことがあっても盛り上げるようなことがある。

吉田&生越

盛り上げ番長はあるのとないのとだと全然違います。

前田

営業をしていると、何のために仕事をしているのだろうと考えてしまう瞬間が来る。僕もなったことがある。だけど、やっぱりワクワク感みたいなやりがいを自分で見つけていかないと。営業部は個ではないから、チームだから。

吉田&生越

そうですね。

前田

一番上の部長が一番明るいし、それこそお兄ちゃんのような存在。本当に愛情を持って接してくれる。怒るのではなくて、ちゃんと叱ってくれる。

前田

新卒の研修が1ヶ月くらいあって、その研修資料を作る担当を任されていました。研修の講師と資料作成するタームがあって。そのタームを僕と女性社員の2人で遅い時間までやっていた時期があって。その時、家にいた部長から進捗確認の電話かかってきて。そのあと、デザートやお菓子、ご飯を買ってきてくれて。遅い時間にわざわざ家から、、、愛を感じましたね。「2人で残って仕事をしている中で自分だけ家にいることは出来ない」「僕もやるから、早く終わらせよう!」と言ってくれました。もう寝間着だったと思う。だけど、僕たちの為に差し入れを持ってきてくれて、部長の愛を感じた一幕だったよ。

生越

部長の愛は偉大です。

生越

印象に残っているのは初契約の時です。あまり泣く気は無かったけど、感極まってしまって。その極まった瞬間に前田係長と…、思い出すとまた涙が(笑)。たくさんの愛が会社に溢れています。前田係長とハグをした時に「よくやった」と。そのときにも、本当に愛を感じました。もう、今までやってきて良かったという気持ちになりました。

前田

生越は本当に泣き虫(笑)。そうだね。かなり抱きしめるね、俺。

生越

それからですよ、僕が泣き始めたの。

前田

そうだね、それから泣き始めたね。

生越

それで感情が豊かになり過ぎてしまいました。

前田

僕は誰の契約でも嬉しい。他人事ではないから。人のことは自分のこと。ウィルレイズはみんなそう思っています。

吉田

僕も契約が上がって、あまりにスピードが速すぎて、自分では何が何だかわからなかったけど、課長がハグしてくれて、「おめでとう」と。自分以上にその契約を喜んでくれていて。その後にみんなでお祝いしてくれて。本当に嬉しかったです。

前田

いや、初契約は本当に嬉しいからね。一生忘れないよ。

前田

初契約は絶対忘れないもの。初めてのお客様は今でも絶対に覚えている。お客様がいるかいないかだと責任感が絶対に変わってくる。不動産は商品が良いと買ってもらってることと同時に、営業マンのことも買ってもらっている。初めて守るものが出来たと言うわけではないけれど、お客様が出来たということは本当に大事なことだと思う。僕たちが売っている物は買ってもらって終わりではないから。そこからがお付き合いスタートであり、よろしくお願いしますだから。

OTHER CROSS TALK
本気で挑もう

新卒採用のエントリーはこちら