SDG'S宣言

ウィルレイズのサステナビリティ
持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

SDG's 宣言

株式会社ウィルレイズのSDG's宣言

株式会社ウィルレイズでは、2015年9月「国連持続可能な開発サミット」にて193の加盟国による全会一致で採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が掲げる、人間、地球及び繁栄のための行動計画とした宣言および目標となるSDGsの目指す理念に賛同し、事業を通じて持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

株式会社ウィルレイズ 代表取締役 志田 仁

一般社団法人日本SDGs協会からSDG’sの事業認定を受けました

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
ウィルレイズが取り組んでいるアクション

不動産開発時の品質管理体制を確保しレジリエントで持続可能な人間居住を実現する。、

□安心・安全な開発物件を建築するために、より一層、品質管理体制を強化する。
  1. 開発プロジェクトごとに、建設会社、設計事務所、設備及び電気工事関連会社の責任者と自社の開発担当で月次定例会議を実施し、工事の進捗・仕様及び品質の確認・建築基準法・各行政の条例及び指導要綱が厳守されているかの確認をする。
□一級建築士事務所による以下の検査を実施する。
  1. 杭の施工及び鉄筋の配筋検査、床下の配線・配管、断熱材の施工状況を確認する置床前検査
  2. コンクリート打設状況を確認する上棟時検査、内装仕上げ検査
□耐震設計の採用による災害に対する強靭さを確保する。

ディーセントワークを促進し、すべての社員の権利を保護し安全・安心な労働環境を創出する。

□社宅希望者に社宅を提供する。また、住宅手当などの制度においても社員の生活を支援する。
□会社負担の医療保険に加入する制度により、万が一の場合のリスクヘッジを行う。

ジェンダー平等を目指し、女性の能力強化を促進する。また、健康でライフステージの変化に応じた働き方及び管理職への登用を保障する。

□女性、若い人たちの雇用機会を作り社会進出を創生する。
□人材のスキルアップや自己研鑽のため、教育研修の実施や資格取得支援制度を導入する。
□社員に年1回の健康診断の受診を義務付ける。 ・ストレスチェックの実施など社員の体調やメンタルヘルスに対する対策を講じる。
  1. ・必要に応じて定期健診以外にも健康診断を実施する。
□結婚・出産・育児のライフステージにおいて、産休育休制度を利用して女性社員の継続雇用を可能にする。

世界的な規模のパートナーシップで行われる支援活動に参加し、社会貢献を実現する。

□毎年日本ユニセフ協会に募金を行う ・保健、栄養、水と衛生、教育、子どもの保護など、150以上の国と地域で行われているユニセフの活動全体を支えるために募金活動を実施する。