無題ドキュメント

新築分譲マンション・投資用マンション・投資用ワンルームマンションの経営

ENGLISH 中文
ウィルレイズ・レーシング
Will-Raise Racing RS-ITOH
2016.6.26

スポーツランドSUGO

2016.6.26

全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦ー決勝

井筒ーリタイヤ 石塚ー5位
全日本ロードレース選手権第5戦決勝が宮城県スポーツランドSUGOで行なわれました。WillRaise Racing RS-ITOHの井筒仁康、石塚健がJ−GP2に参戦しました。決勝日は晴天となり青空が広がりました。決勝朝のウォームアップランで井筒は9番手、石塚は10番手となり決勝を迎えました。
決勝は11時スタート、20ラップで争われます。井筒は序盤から4番手に付けトップ争いに加わります。冷静に状況を見ながら井筒は仕掛けるタイミングをはかります。ですが、14ラップ目に転倒、リタイヤとなってしまいました。
石塚はスタートダッシュで上位に食い込み周回毎にポジションアップ、確実に前のライダーを捉えて行きます。4番手争いまで浮上しますが、最終的には5位でチェッカーを受けました。井筒の諦めないレースへの姿勢、石塚の確実な成長を感じる戦いができたと考えています。
井筒
「トップ争いを見ながら、どうしかけていこうと冷静でしたが、フロントから転倒してしまいました。仕掛けられる状況に、まだ、マシンが仕上がっていないということだと思います。確実にフレームは良くなっていることは実感していますが、マシンの仕上げのポイントが、他にあるのかも知れない。次のレースまでに見極めて勝負できるマシンに仕上げたいと思います」
石塚
「朝のウォームアップランで予選で出たトラブルが解決していることを確認して空気圧の調整をしたら、決勝への手応えを感じることが出来ました。スタートがうまくいって8番手くらいまでポジションを上げることができてました。後は前だけを見て、少しでも順位をあげようとしました。終盤は、タイヤを持たせることができずに4位争いに負けてしまい悔しいです。タイヤを最後まで持たせるセットアップができるように考えていきたいと思います」

copyright (c) Will-Raise Co,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社ウィルレイズ