無題ドキュメント

新築分譲マンション・投資用マンション・投資用ワンルームマンションの経営

ENGLISH 中文
ウィルレイズ・レーシング
Will-Raise Racing RS-ITOH
17/06/24-25

第5戦 オートポリス(大分)

17/06/24-25

2017年全日本ロードレース選手権 オートポリス(大分)レースレポート

全日本ロードレース選手権第5戦の決勝が大分県・オートポリスで行われました。決勝朝に移行された予選は雨が落ち、ウエットコンデション。Will-Raise Racing RS-ITOHの井筒仁康は8番手、石塚健は9番手となりました。

悪天候は続き、雨が落ち、霧が発生するなどで、JSB1000のレースディレイが続き、最後のレースとなったJ-GP2はタイムスケジュールが変更され16時30分スタートとなり、霧が濃くなる場面もあり、レースが出来るのかと心配する場面もありましたが、15ラップのレースが行われました。
井筒はトップ争いに加わる走り見せ周回を重ね、石塚はセカンドグループを引っ張り、終盤には前の集団に追いつく走りを見せました。井筒は6番手争いを繰り広げての7位、石塚は3台の8番手争いの末に9位でチェッカーを受けました。
納得できる結果ではありませんが、現状で、できる限りのトライの結果です。ふたりはバトルを展開しますが、それを制するまでにマシンを仕上げ切れていないということです。ライダーのポテンシャルは高く、課題は見えています。その課題をクリアするためにWill-Raise Racing RS-ITOHは、努力を惜しまずに取り組んで行きます。声援に応える戦いを目指して後半戦に挑みます。

井筒仁康
「2年ぶりのオートポリスで、マシン、タイヤ、すべてのデータ不足で、それをテストでまとめきれなかったことが、そのまま結果になった。フルウェットの方が、まだ、チャンスがあると思っていたが、ほぼ、ドライでのレースになり、予想通りの展開になってしまった。課題ははっきりしているので、次戦までの間に、しっかり、見直して、戦えるレベルに持って行きたいと思う」
石塚健
「今回は事前テストから流れが悪く、テストが出来ない状態のまま決勝になってしまい、つらいレースになりました。セッティングが決まっていないので、タイヤも選びきることが出来ずにペースを思うように上げて行くことが出来ませんでした。怪我をしてしまった指も、うまく動かすことが出来ずにブレーキングがきつくなってしまいました。悔しさしかありません。次の岡山までに、しっかり、マシンを仕上げてトップ争いがしたい」

copyright (c) Will-Raise Co,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社ウィルレイズ