無題ドキュメント

新築分譲マンション・投資用マンション・投資用ワンルームマンションの経営

ENGLISH 中文
ウィルレイズ・レーシング
Will-Raise Racing RS-ITOH
2015.08.23

ツインリンクもてぎ

2015.08.23

決勝10位

AUGUST 23 2015

All Japan Road Race Championship Twin Ring Motegi

全日本ロードレース選手権第5戦の決勝が(J-GPは4戦目)が、栃木県ツインリンクもてぎで行われました。台風接近の影響で雲の動きが早い決勝日、朝は太陽が顔を出し、残暑厳しい暑さとなりました。朝8時25分から⒖分行われたフリー走行をWill-RAISE RACING RS-ITOHの井筒仁康(カワサキ)は3番手で終えます。昼から雨がぱらつきはじめ、路面は完全ウエットとなりました。周回数が22周から17周へと減算され決勝が行われました。

井筒はオープニングラップを2番手で通過、トップを行く高橋裕紀(モリワキ)をぴたりとマークしながらコーナーをクリア、2ラップ目にはファーステストラップを叩き出し高橋に迫ります。4ラップ目に井筒は首位浮上しファーステストラップをさらに更新し、2番手以下を引き離しにかかります。5ラップ目の通過順位は井筒、生形、高橋となります。井筒は2秒近いアドバンテージを築き、勝利に向かっていたのですが、6ラップ目にファーストアンダーブリッジの出口付近にマシンが横倒しになり、コースクリアの作業のため、赤旗が提示されます。

残りは8ラップで争われることになりました。ピットに戻った井筒はタイヤ交換しスタートを待ちました。グリッドは5ラップ目通過順位、井筒は1番グリッドに着きました。シグナルグリーンと同時に高橋、生形が飛び出し、井筒は3番手につけますが、思うように走ることが出来ずに後退してしまいます。終盤は10番手争いを繰り広げ10位でチェッカーを受けました。

残念な結果とはなりましたが、井筒がトップを走る実力をもっていることを証明したレースでもありました。Will-RAISE RACING RS-ITOHは、状況を分析し、さらにポテンシャルアップして、次戦に挑むことを誓いました。

井筒仁康

「今回は結果を残したいと思っていたので、スタートから慎重に走りました。路面コンデションを見ながら、前に出たい気持ちをコントロールしていました。裕紀(高橋)がコースアウトしたことで、トップに立ち後続との差も広がり、周りのペースも上がらないので、そのまま差を広げて行こうとしていた時に赤旗中断。赤旗の前と同じように走ろうとしたのが、マシンの不具合で、思うように走れず、どうしようもない状態になり、完走するのがやっとでした。やっと、ドライでも雨でも、裕紀との差を詰めることが出来てきたと思えただけに残念ですが、次までに対策を考え、自分の走りがしたいと思っています」

copyright (c) Will-Raise Co,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社ウィルレイズ