無題ドキュメント

新築分譲マンション・投資用マンション・投資用ワンルームマンションの経営

ENGLISH 中文
ウィルレイズ・レーシング
Will-Raise Racing RS-ITOH
2015.05.31

ツインリンクもてぎ【栃木】

2015.05.31

第2戦もてぎ決勝

May 31 2015

All Japan Road Race Championship Twin Ring Motegi

サーキットデータ:全長:4.801km

5月31日 J-GP2 決勝3位

Will-RAISE RACING RS-ITOHの井筒仁康は全日本ロードレースJGP2第2戦決勝に挑みました。朝のウォームアップランでエンジンが壊れ、積み替えての戦いとなり、緊張感を持ってグリッドに並びました。気温は29℃と上がり、それに伴い路面温度も上昇、19周のレースは、まだ、ケガが完治していない井筒にとっては過酷なものとなりました。スタートで飛び出した岩田悟がホールショットを奪いますが、2ラップ目の1コーナーで高橋裕紀が首位に立ちます。それを追った岩田が転倒、3ラップ目にも1コーナーで石塚健、上和田拓海の若手ライダーが飛び出しリタイヤ。波乱の序盤となりますが、井筒は3番手に付け冷静に状況を見ながら周回を重ねます。高橋は逃げ、早々に独走体制を築き、井筒は、生形秀之、日浦大治朗、関口太郎と2番手争いを展開。生形が逃げ、日浦、井筒、関口の3番手争いとなりますが、そこから関口が遅れ、日浦、井筒はペースアップし生形に背後に迫り、再び2番手争いへと持ち込みます。生形、井筒は、日浦を突き放し、2台による2番手争いを繰り広げます。井筒は最後まで粘りの走りを見せますが、0.549秒差で届かず、生形が先行、3位となりました。それでも、開幕戦の13位からの大きなジャンプアップに、井筒のポテンシャルの高さを示す戦いとなりました。優勝は高橋で2連勝。井筒は、傷ついた身体で表彰台に登り、ファンの大きな声援に応えました。

井筒仁康

「昨年、高橋裕紀選手と戦い、彼を止めなければと、オリジナルフレームのマシンを造りました。新しいマシンを仕上げることは簡単なことではなく、トラブルが続き、更にエンジンを載せ替えての決勝は、ぶっつけ本番になりました。いろいろな状況を考えると3位は、とてもラッキーな結果だと思います。これで、タイトルの可能性も見出すことが出来ました。今後は、JGP2を戦うライダーたちと高橋選手を止めることが出来るようにレベルを上げて行きたいと思います。また、レース界に復帰した目的の一つが後輩ライダーの育成に役立ちたいということがあり、今回は、10代の若手ライダーとの争いが出来、背中を見せることで、レース展開や組み立てなどを伝えることが出来たなら、役目が、少しは果たせたかなと思います。次戦までの間に、身体を完璧にし、マシンをしっかりセットアップ出来るようにします。懸命にマシンをくみ上げてくれたメカニック、支えてくれたスタッフに感謝しています。そして、声援を送ってくれたファンの方、応援、ありがとうございました」

次戦は6月28日宮城県スポーツランドSUGOで開催されます。

copyright (c) Will-Raise Co,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社ウィルレイズ