新築分譲マンション・投資用マンション・投資用ワンルームマンションの経営

ENGLISH 中文
生命保険
LIFE INSURANCE

団体信用保険制度とは

通常、住宅ローンは高額のため、長期にわたっての返済になります。返済期間中に、万が一ということがないわけではありません。そのためローンを組んでマンション投資をした場合、団体信用生命保険(団信)に加入します。これは、ローンの返済の途中に債務者の方が死亡や高度障害など万が一のことがあった場合、全ての残債を保険金で返済するためのものです。つまり、マンション投資をして万が一のことが起こった場合、残されたご家族には無借金のマンションが残るので、売却すれば多くの現金が残ります。そして、持ち続けたとしてもその後の家賃収入をご家族に残せます。

img01

生命保険の代わりとして

マンション経営をしていれば、万が一の時に無借金で資産をご家族に引き継ぐことができます。生命保険の効果がマンション経営にはあるため、いま現在入っている生命保険を見直し家系の節約も可能になります。月額3万円の生命保険に加入時の死亡保険料が3500万円の場合、1500万円を不動産で代用すると月額約1万円の保険料を節約することができます。

img02

copyright (c) Will-Raise Co,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社ウィルレイズ